分譲賃貸のメリットとデメリット

分譲賃貸マンションが名古屋でもよく見かけられます。

普通の賃貸マンションと分譲賃貸マンションとでは何が違うのか、分譲賃貸マンションのメリットとデメリットについてまとめました。

【分譲賃貸のメリット】

賃貸マンションとして建てられた物件と比べ、分譲マンションは建物のグレードが高いものが多いです。

建物の造りがしっかりしているので、防音性に優れています。

また、管理人も常駐しているところが多いので、共用部分がいつもきれいに保たれています。

分譲マンションは部屋を購入して住んでいる人がほとんどなので、周囲との協調性があり、住人の質が高いと言われています。

【分譲賃貸のデメリット】

デメリットはほとんどないと言っても良いのですが、強いて言えば家賃が他の賃貸物件よりも高めであることでしょうか。

特にデザイナーズマンションなどになると、家賃はかなり高くなるようです。

名古屋にはデザイナーズマンションが多いですが、その中でも分譲賃貸となると家賃はかなり高めに設定されています。

【すべてが良いとは限らない】

分譲賃貸のメリットを見ていると、良いことばかりなので少々高くても分譲賃貸にしようかと考えてしまいますが、中には分譲賃貸でもあまり良くないものもあります。

しっかりと自分の目で確かめ、家賃も払えそうだということになれば、決めても良いでしょう。

基本的に分譲賃貸は良い物件が多いと言われているので、あまり疑わなくても良いですが、何年かは住むところですから慎重に決めましょう。